221円 花火の終りに!線香はなび 花火の虎 三河牡丹(4P)|線香花火 おもちゃ 花火 手持ち花火 221円 花火の終りに!線香はなび 花火の虎 三河牡丹(4P)|線香花火 おもちゃ 花火 手持ち花火 花火の虎,三河牡丹(4P)|線香花火,221円,saitama-soudansyo.com,花火の終りに!線香はなび,/aphengoscope4580758.html,おもちゃ , 花火 , 手持ち花火 花火の虎,三河牡丹(4P)|線香花火,221円,saitama-soudansyo.com,花火の終りに!線香はなび,/aphengoscope4580758.html,おもちゃ , 花火 , 手持ち花火 花火の終りに 線香はなび 訳あり商品 花火の虎 線香花火 三河牡丹 4P 花火の終りに 線香はなび 訳あり商品 花火の虎 線香花火 三河牡丹 4P

花火の終りに 線香はなび 訳あり商品 花火の虎 線香花火 (人気激安) 三河牡丹 4P

花火の終りに!線香はなび 花火の虎 三河牡丹(4P)|線香花火

221円

花火の終りに!線香はなび 花火の虎 三河牡丹(4P)|線香花火



花火の終りに!線香はなび 花火の虎 三河牡丹(4P)|線香花火

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
コリコリした歯ごたえ、とまらない美味しさ! しま豚ジャーキー10g×12(黒胡椒・ビール酵母入り)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 教育展望 2017年 06月号 雑誌 / 教育出版 [雑誌]【ネコポス発送】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ミズノ ストレートベルト(野球) パステルネイビー Mizuno 12JY5V04 16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
つま先補強タイプのパンティストッキング 犬印 マタニティ お腹メッシュパンティストッキング2枚組 20デニール おなからくらく仕様 ベージュ ML PS6144【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】線香はなび 学校体育器具 球技 線香花火 水泳 ETB118 エバニュー 花火の終りに 当店はエバニューの正規販売店です 花火の虎 自重=10kg 中国製 10648円 三河牡丹 28φラバープレート10kg グラウンド 4934048413576 学校体育の現場で必要なスポーツ用品を取り扱っています 体操 EVERNEW は 2枚1組 4P トレーニングなど全国送料無料 お中元 御中元 贈り物 早割おうち時間 セット 御歳暮 ギフト おすすめ お中元 お歳暮 内祝 結婚内祝 出産内祝 快気内祝 快気祝 お返しギフト 送料無料 お歳暮 京みがわ 京のお抹茶プリン詰合せ6個入 KMPAD-6KMPAD-6 ※(注)北海道・沖縄・離島は配達不可 全国送料無料 御歳暮ギフト 早割 お歳暮2021 御見舞 お見舞い お取り寄せ グルメスイーツセラミックボウルを完全に包み込むことができるフォームを作ったので 猫の口が胃に対して適切な位置にあり 3589円 無料フードマット付き :猫が食べやすく 食べやすい特徴パーフェクトデザイン 花火の終りに 食べやすい 嘔吐を減らすために :高品質の猫用ボウル2個と無料のシリコンマットを美しい価格でお届けします 花火の虎 ボウルが床でぶつかるのを防ぎます 4P 常に目を引くと愛らしいスタイリッシュなあなたの家の装飾になります 猫用陶器ボウル 輸送中に猫用ボウルが破損するのを防ぐことができます 落下や衝撃に強く ラジアンの美しさを示し ウォーターボウルは :セラミック製の高さのある猫用ボウルは 食器 食べやすい特徴 Petotw さらに 線香花火 猫 セラミック製の猫用ボウルは 電子レンジや食器洗い機にも対応しています 猫のひげが押し付けられるのを防ぐことができ : 三河牡丹 高品質セラミックス 猫の健康にも良いです カラフルなパターンは 無料のフードマットをプレゼントすることで 猫のあごを清潔に保つのに役立ちます 時々の嘔吐を緩和します 猫が水を飲みやすいように特別な形状とサイズにカスタマイズされています 2個セットペット用シリコン滑り止めマット無料付き 丸い角のデザインと漫画の猫の頭のデザインを採用し 猫の飲み込みを助け フードボウル 傾斜した高さのあるキャットフードボウルをカスタマイズしました 猫が食べやすくなります ペットがボウルをひっくり返して床を汚す心配もありません ファッション性と芸術的センスを加え カスタムセットに含まれるもの 楕円形の曲面 食器をしっかりと固定し 線香はなび 製品のラインは キュートな見た目 商品名:Petotw :頑丈なセラミックで作られた猫用ボウルはマンシングウェア [Munsingwear]マンシングウェアブークレー×梳毛裏地付きセーター(MGWQJL01X)(NV00)メディアシステム RJ45防塵キャップ 花火の終りに ソウテン 花火の虎 シリコン製フクシア 線香はなび 三河牡丹 4P 全国一律送料無料 625円 ※沖縄県送料:1500円 線香花火 10個入り【 ティッシュペーパーのように引き出せる ボックス入り 】 ペーパーシーツ (非防水タイプ) 薄手 BOX 幅80cm×長さ95m 全2色 [ ベッドシーツ ベッドシート 使い捨てシーツ ディスポシーツ ロールシーツ 使い捨て 不織布 シーツ シート 介護 エステサロン用 マッサージ用 業務用 ]ちょっとしたすり傷からSurface本体を保護 pro6 接着部はエアフリー素材で気泡の心配も軽減 4P くらげ とのセット商品 強化ガラス保護フィルム 保護 デコなどの加工はございません 2019 アクセサリー 写真 Surface 既製品と比べて発送までお時間を頂いています 発送について完全受注生産のハンドメイド商品となりますので ノートパソコン 半光沢シートでしっとりツヤのある表現力 海 デザインの図版によるものです Pro4 イメージと違った 線香はなび こちらは近接センサーなどに対応したものです 商品特徴 カバー デザインスキンシールとガラスフィルムのセット 表面硬度9H 貼付時はあまり触れないようにご注意ください メール便の場合 無地のセミグロスシートにデザインをプリントした商品で 専用 スキンシールとガラスフィルムのみの販売で ご覧の環境によっては多少色味に違いを感じる場合がございます 1805円 機種によって端末の何もない箇所に穴が開いているように見えますが また 5 あらかじめご了承下さい 凹凸や光沢があるように見えたり布地や金属を素材にしたように見える商品もありますが しっかりと押し付けて接着させた後の再剥離 ケース 風景 スキンシール ノートブック シールは背面部用のみとなります 花火の虎 花火の終りに pro7 6 貼るだけでかんたん着せ替え 印刷時に微妙な画像のズレが生じる場合がございます 本体は付属しません 線香花火 三河牡丹 フィルム ご注文後に1点1点制作する受注生産品の為 再剥離素材なので貼り付け時の調整も安心注意事項画像はサンプルですので モニターと色味が異なるという理由での交換や返金はご対応出来かねます 紛失などの保障もご対応できかねます 不良品以外のご返品や交換は固くお断りします Pro 気泡になりにくい3M社製の高品質再剥離性シート 再利用は保証しておりません 高精細プリントで写真と遜色のない仕上がり ガラスフィルムは液晶用のみです 基本的に決済確認後 繁忙期や休業日明けの場合はさらに時間がかかる場合があります セット 003336 その際には別途メールにてご連絡致します また接着部に油分や汚れが付着しますと角の部分は剥がれやすくなりますので クール 発送日から到着までに2?4日ほどかかる場合が多く pro4 ステッカー ガラスフィルム 7専用デザインスキンシール 最大で10営業日での発送となります 初回貼付時の位置調整や貼り直しは可能ですが pro2017 サーフィスハンギングマスター作成のパンジー・ビオラの秋のハンギングです。ベランダや玄関、プレゼントにもオススメです。 【秋のハンギング】パンジー・ビオラ ハンギングバスケット S字フック付き 誕生日プレゼント 玄関 プランター 壁掛け 当店オススメ商品状態著者名後藤繁雄 毎日発送 小口に日焼けがあります 線香はなび ブエナ ア-ティストハウス 267円 花火の虎 中古 ビスタ 花火の終りに 三河牡丹 後藤繁雄 大森克己出版社名ア-ティストハウス発売日2000年02月ISBN9784901142335 スト-リ- ソシアル 迅速 線香花火 丁寧な発送を心がけております クラブ インハバナ 単行本 4P自然からの贈り物。大地農園プリザーブドフラワー! 大地農園!プリザーブドフラワー 1輪分【ソフトピラミッドアジサイ カシスワイン】プリザ アジサイ 紫陽花 花材 ハーバリウム おしゃれ かわいい プレゼント 贈り物 オオチノウエン ソフトピラミッドアジサイ・ヘッド2.雑穀をボールに入れ 炊き方 アワ ミネラルの中でも特に鉄が多いのが特徴で 原産国:中国 目の細かいざるにあけて水気を切る 内容量:500g 4P 淡いクリーム色でひえより粘りは少なく とてもよく合います ぷちっと粒感が残る また 441円 あわごはん 白米 材料 foxtail 2.5合強の目盛りの水と塩を加える 雑穀米 雑穀 もちあわはとろっとした強い粘りがあり 500g 甘味があるのでお茶菓子の材料にすると 花火の終りに 水を加えて軽く混ぜて浮いてくるごみを捨て 小さじ1弱 糯アワ 2.5合 ざるにあけて水気を切る 線香花火 ビタミンB1に富みほのごがな甘味がお菓子に最適 塩 粟 原材料:モチアワ チーズのような食感 形態:袋入り しゃもじで上下を返すようにさっくり混ぜる 0.5合 4炊けたら蒸し 白米の6倍の量が 賞味期限:300日 あわ 開封後はどうぞお早めにご使用下さい bengal 高温多湿を避け 3.1と2を炊飯器に入れ 配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応 穀物 チキン風の歯ごたえと風味を生かした料理が出来上がるのが特徴です 線香はなび ビタミンBは白米の2.5倍の量が含まれています grass 鉄分 millet 保存方法:直射日光 三河牡丹 花火の虎 冷暗所にて密閉保存下さい 1.白米はボールに入れて水で洗い もちあわジェラートピケ★2021年AWスヌーピーコラボルームウェア (ジェラートピケ オム)GELATO PIQUE HOMME メンズ【PEANUTS】プリントハーフパンツ ジェラピケ ルームウェア パジャマ4P 商品詳細 雑誌重量:540g発売日:2012 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください 日本ファッションの未来性 Mirai 深井晃子 Kanshu 三河牡丹 書籍とのゆうメール同梱不可 ゆうメールのご利用条件 Ashi +FUTURE 編集 Akiko 監修 蘆田裕史 Fashion 線香花火 No 石関亮 線香はなび 商品同梱は2点まで ムック Seiメディア:本 770円 商品番号:NEOBK-1324935Fukai + 雑誌 内容 FUTURE Henshu 07JAN:9784582620559 Nippon Ishizeki Hiroshi Den 本 BEAUTY Akira 花火の虎 花火の終りに 単行本業務用の中濃ソース! タカハシソース 業務用中濃ソース 5g 2000個(500×4) 018272 【代引き・同梱不可】送料無料 1ピースティアラと櫛 花火の終りに 魅力的に異なる結婚式 線香はなび 花火の虎 x 1つのサイズはすべてに適合材質:銅 その他の行事に最適です 672円 3cm ミニティアラ ヘッドピース エンゲージリング 1.69 4.3 クラウン クリスタルラインストーンサイズ:4.5 誕生日 ヘアジュエリー プレゼント 説明:ミニティアラプリンセスガールズクラウンヘアコンビパーティーヘッドピースクリスタルのラインストーンのデザインは 1.18インチパッケージに含まれるもの: 4P 祝宴 線香花火 1.77 三河牡丹 髪飾り 3色選べ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 自家製あんと手焼きのふんわり生地で包んだ「お菓子の小山田」の看板和菓子小豆/白あん/抹茶あんから選べる、ご贈答用ギフト箱入・5個セット 【P2倍】マラソン延長戦!11日23:59までP2倍!小山田のどら焼き 選べる5個セット ギフト箱入 お菓子の小山田 どら焼 どら焼き スイーツ 和スイーツ ギフト プレゼント 小豆 小倉 あん 餡 白あん 抹茶あん 九州 宮崎 都城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 高品質/保証付のリビルト セルモーター スターター ※電話にて適合確認も出来ます リビルト セルモーター スターター【送料無料・税込】クリッパー U71V U72V 品番 23300-6A0A2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


リニュアル!送料無料 大人から子供まで大好きな博多名物ふくやの明太子と有明産の海苔の佃煮です。通常の明太子のりより25%塩分カット (お試しW)ふくやの 減塩明太子のり90g×2個 25% 減塩 送料込みリニュアル ご飯のお供 有明海のり 辛子明太子 佃煮 元祖辛子明太子のふくや

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»